最新情報

what's new

島日記 2018年2月13日

日本遺産

いつの間にか始まっていた冬の”平昌オリンピック”ですが、さすがに、今夜はテレビに釘付けでした。(笑)

スピードスケート・高木美帆さん、スキージャンプの高梨沙羅さん、モーグルの原大智さん、3人の選手がメダル獲得!

おめでとうございます!

4年前、8年前の悔しさがあっての、今日の笑顔に感動ですね。

 

さてさて、2月に入り、相変わらず寒い日が続いている白石島ですが、それでも、日が暮れるのが徐々に遅くなってきているのは、日々実感します。

 

最近の島に関する情報ですが、1月末に、笠岡諸島を「日本遺産」に認定してもらうべく、笠岡市から文化庁へ申請書が提出されたようです。

 

そういえば、去年、新しくなった笠岡港にも、「笠岡諸島を日本遺産に」という旗が掲げられていました。

 

 

 

 

申請の結果が分かるのは、4月頃ということですが、今回の申請は、笠岡市と丸亀市と小豆島の連携によるシリアル型のストーリーになっています。

タイトルは、「どっすん!石の島 ~海と山、巨石が呼んでいる備賛諸島」で、「山歩きで巨石、奇岩が魅せる絶景を楽しんだ後は、人類が巨大な石に挑み続けた丁場(石切場)に立ち寄ってみてほしい」として、自然の石と人の手が加わった石が織りなす「石の世界」をアピールしているとのことです。

 

「日本遺産」とは、関係ありませんが、今年は、白石島の港の「浮桟橋」も新しくなる予定で、来年には、「切符売り場・待合所」も新しく建設される予定のようです。

 

”観光”で”地域活性化”をという狙いで、公の施設は、徐々に整備されつつあり、それはそれでありがたいことではあるのですが、、、。

 

実際に、現地でお客様をお迎えする、我々観光事業者も、頑張らねば、、、、ですね。

 

下の写真は、去年新しくなった笠岡港の「切符売り場・待合所」です。

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、3月に「甲子園」で開幕する春の選抜大会に、岡山から「おかやま山陽高校」が出場することが決定

しましたが、エースの有本雄大君は、笠岡出身で、小学生時代は、うちの長男もお世話になっていた笠岡市に数年前まで

あった少年野球チーム「瀬戸内少年野球団」でプレーをされていた選手です。外野手の小野凌もそうですね。

 

(ちなみに、チーム名の由来の1984年に制作された映画「瀬戸内少年団」のロケ地は、笠岡諸島の真鍋島です。)

 

出場決定の際のテレビインタビューで、有本君が「甲子園では、福島の聖光学院の山本迅君と対戦したいです。」と

答えていましたが、その山本迅君も笠岡市出身(おじいちゃん・おばあちゃんは北木島)で、同じ「瀬戸内少年野球団」

で、有本君とバッテリーを組んでいた同級生なんですね。

 

選抜甲子園、笠岡(瀬戸内少年野球団)出身の選手達の活躍に注目・応援してください!!

 

 

 

 

ダウンタウン「浜ちゃん」も絶賛!「白石島特産味付海苔」

 

 

 

 

★――――・★・――――・★・――――・★・

瀬戸内海国立公園 白石島~お多福旅館~

旅館公式サイト http://www.otafuku-inn.com/

お土産ショップ http://otafuku.ocnk.net/

お多福旅館は被災地の復興を応援しています!

★・――――・★・――――・★・――――・★