白石島の見どころ

tourist attractions

遠く平安時代から
その美しさを和歌に歌われている白石島

白石島の魅力

瀬戸内海国立公園・笠岡諸島に浮かぶ白石島は、人口580人(2010年)、周囲12キロメートルの海と山に囲まれた自然豊かな島。また、白石踊りは、国の重要無形文化財に指定されています。問い合わせは、笠岡市商工観光課へ。白石島海水浴場は、岡山県でも3大海水浴場のひとつと言われ、白砂の浜が延々と続くビーチは、シーズンになると、たくさんの海水浴客が訪れます。旅館や民宿などもこの周辺に集中しており、非常に便利です。

ほんの数年前までカブトガニが生息していたということや、片岡義男さんの小説、「彼のオートバイ彼女の島」の舞台にもなったことで有名です。

島の西側は、石材の発掘場が多く道路も整備されています。

県下三大ビーチの一つして
親しまれている白石島海水浴場

白石島海水浴場

真っ白な砂浜が約500m続く白石島海水浴場は、県下3大海水浴場の一つで、シーズンになると、家族連れやグループ客で賑わいを見せます。
岡山や広島方面だけでなく、関西からも学生やカップル、家族連れなどで賑わう海水浴場。シーズン中は、遠方からの修学旅行などの観光客もたくさん訪れます。

眼前には高島や無人島の小高島が横たわり、瀬戸内の風景をつくりだしています。内海の穏やかな波と豊かな日差しが小さな楽園の海辺を感じさせます。

近隣の学校の海遊学校も盛んに行われている

学生合宿のベストステージ
体育館やグラウンド、プールまで完備

海洋センター

体育館、プール、運動場を備えた多目的施設で、年間を通じて誰でも気軽に利用できます。クラブ・サークル活動の合宿、会社・団体のセミナー、個人、様々な利用が可能。
利用可能なスポーツの設備として、バレーボールコート(2)、バトミントンコート(6)、バスケットボールコート(1)、ミニバスケットボールコート(1)、テニスコート(1)、ミーティングルーム(1)、シャワー室(1)、更衣室(1)、プール(25m×6コース)、幼児用プール(10m×6m)など。卓球、バトミントンは用具の貸し出しもしています(一組50円)。広場では、キャンプファイヤーが可能なので、ぜひここで夏合宿のよい思い出をつくり持ち帰ってほしい。

個人の体育館利用は午前9時~午後5時までが1時間につき50円、プールの利用は80円。

写真正面がプールです。その前は、グラウンドとして利用できます。

源平の争いの切なく幻想的な記憶が
時間を超え踊りの中に蘇る

白石踊りは、国の重要無形文化財に指定されています。

白石踊り

国の重要無形民族文化財に指定されている白石踊りは、源平水島合戦で戦死した武者達を弔う為に始められたといいます。源平の争いの切なく幻想的な記憶が、時間を超え心に甦るようです。源平の霊魂は、いまだ瀬戸内海を漂いつづけているのでしょうか。
8月14日~16日まで、白石島公民館前広場で盆踊りとして踊られています。白石中学校には、白石踊り伝承クラブがあり、地域の人から白石島の伝統芸能である白石踊りを受け継ぎ、地元だけでなく福祉施設を訪問したり、各大会に出席したりして白石踊りを披露しお互いの交流を深めている。

男踊、女踊、娘踊、奴踊、笠踊、扇子踊、月見踊など、10数種もの異なる踊りが一つの音頭にあわせて溶け合い、夜通し続きます。踊りは、瀬戸内海の浜辺に映された蜃気楼のように、夏の夜に揺らぎつづけます。

仏舎利〜鎧岩〜展望台のハイキングコース
むき出しの花崗岩と瀬戸内の島々のパノラマ風景

白石島ハイキングコース

開龍寺の境内を抜けて伸びている遊歩道は、途中に鎧岩、高山展望台と見所がたくさんです。島の下から見えていた、真っ白な花崗岩の塊を、道のいたるところで目にすることができます。
瀬戸内海国立公園の自然景観を、手軽に楽しめるハイキングコース。開龍寺から神明神社へ続く遊歩道には、手作りの柵が取り付けられていて、周りにはきれなお花がたくさん植えられています。これらは島の方のボランティアによるもので春にはお花見が楽しめます。コースの所要時間は、大体2時間半~3時間程度。全周コースは、7km。

また、この道からは笠岡諸島、塩飽諸島などの島々を望むことができ、瀬戸内の美しい島影を思う存分に味わえます。

春に神明神社前の公園に咲く桜は、白石島の花見の名所となっており、ハインキングに訪れるお客様達にもとても喜ばれています。

弘法大師ゆかりの寺
修行を静かに見守った巨石は荘厳かつ静謐

開龍寺本堂

開龍寺

弘法大師が唐から帰国する際(806年)、白石島に立ち寄り巨石(写真)の下で37日間の修行を行ったと伝えられています。島を去る時に1寸8分(約6cm)の尊像を刻み島へ残していったといいます。
港から大師道を歩いていくと、開龍寺というお寺があります。境内を抜けていくと、ずっしりと構える天然の巨大岩には圧倒されます。白石島の守り神が祭られているようにも見えます。

お釈迦様の仏舎利は
瀬戸内とタイをつなぐ架け橋

島のどこから見ても、目立っている仏舎利塔。

仏舎利

昭和43年5月タイ国バンコック市の名刹ワットパクナム寺より、住職プラ・ラーチヤー・ウェティー師一行が来島し、仏舎利(お釈迦様のお骨の意)と1200年前の釈迦如来像を奉納したのが始まりです。
仏舎利塔の足元には、佛足岩と呼ばれるお釈迦様の足裏の相といわれるものが彫られた碑石があり、その足裏の紋様には、佛教の深い慈愛と尊い救いの教えが込められているといいます。それから、佛足岩の後ろには幸福の鐘があり、三回撞くと幸福になれるという言い伝えがあるので、訪れた際にはぜひついて帰ってください。また、このあたりは4月には桜、6月にはアジサイの美しい場所としても知られています。

仏舎利と釈迦如来像を祭るために、昭和45年11月高さ24mのタイ式開龍寺仏舎利塔が建立されました。

白石島が着た巨大な鎧の直垂は
今も島を守り続ける

上記写真は、下から見上げるように撮影。

鎧岩

島の真ん中にある鬼が城の山の山頂にあるのが鎧岩です。岩に刻み込まれた模様が鎧の直垂によく似ていることからこう名づけられました。この模様は地殻変動の激しかった時代に作られ、地質学上貴重なものとして国の天然記念物に指定されています。
ちょうど、島の真ん中付近に位置します。名前の由来のように、どうして自然にこのような鎧の形の基盤の目がはっきり出るのかが不思議です。

何千年、何万年もの間、雨や風の浸食に耐えてきた鎧の模様は、白石島の守り神というにふさわしい荘厳さを兼ね備えています。

内海特有の穏やかな波と、入り組んだ島々の風景
瀬戸内海は絶好のシーカヤッキングコース

カヤック体験

内海特有の穏やかな波と、入り組んだ島々の風景、瀬戸内海は絶好のシーカヤッキングコースとして、世界でも有数の場所です。初心者でも、パドルの持ち方から舵の取り方まで、基本から教わることができます。
岡山県の最西端に浮かぶ笠岡諸島。小さな島々が見渡せる海の中でパドルをこいでいると、その美しく、のどかな情景はまるで別天地に思える…。レンタルは1艇1時間1000円(インストラクター料金別途)。ツアーは一日コース1万1千円(インストラクター、昼食付き)。体験はオールシーズン可。

海面から見上げる剥き出しになった花崗岩のかたまり、遠くに望むいくつにも織りかさなる島影、心臓に伝わってくるカヤックと海面がすれる音、新鮮な潮の匂い、海とじかに戯れる快感が味わえます。

修学旅行生もカヤック体験プログラムをよく利用されています。